読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のカウンセラー 学生向け

京都でカウンセラーを目指している学生向けのブログ

京都のカウンセラーとして活躍したい学生のブログ

 

○京都とは

近畿地方中部で北部に位置付。下の山城国丹後国全域と丹波国のほとんどに対応する。人口263.7万(2010)。
京都府南部の市。府庁所在地指定都市。国際文化観光都市に指定され、高度保存法の適用を受けている。延暦13年(794)に桓武桓武天皇が遷都(セント)して、平安京と称した。以後明治維新まで何千年もの間、日本のことも。京都御所・二条城・清水(清水)社員など史跡寺院が多く、西・友禅・清水などの伝統工芸品を生産する。歴史的な年中行事も多い。人口147.4万(2010)。京都。
[補足説明]京都市の区右京区上京区、北区、左京区下京区、中区、西経区、東区、伏見区南区、山科区11区。
京都の賀茂別雷神社賀茂御祖神社、王護?寺、清水寺醍醐寺仁和寺高山寺西芳寺、布類、六来、慈照寺竜安寺本願寺、二条城、宇治市平等院宇治上神社滋賀県大津市延暦寺は、1994年(1994)「古都京都の文化財」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。

「京都学」とは何か必要があるのだろうか。 「京都学」は何を考え、何を求めてしようとしているのだろうか。そのような問いに対する明確な答えを、これまで私は寡聞にして聞いたことがない。聞こえてくる京都盆地に消長したもの、またはそこに今日まで続いている状況に対応した個々の研究を「京都学」と称する声だけだ。 「京都学」は、そのような個々の研究の総合のものであるのだろうか。そうだとすれば、新たに「京都学」という名前を付けること自体何の意味を持たなくなるだろう。

重要なのは「京都」が何なのか再考する。そして、そのためには「京都」を固有名詞とみなさ「京都とは何か」について考えを停止し、捨てることは非常に都合が良くないだろう。固有名詞「京都」を普通名詞「京都」にさかのぼりさせること、そしてその「京都」の意味が今復活することができるかを検討すること、それが必要であろう。

これらの作業の基礎となる資料として、韓国の古代文献で「京都」の用例を紹介したい。

 

○カウンセラーとは

心理カウンセラーは悩みを持っている人を支援するものです。

精神科医とは異なるため、心理カウンセラーは、薬を処方などの医療行為を
することができません。

しかし、精神科医よりも気軽に相談できる場合、利用者からの人気を集めて
ているようです。

心理カウンセラーの主な業務は、相談を実施する。
相談者の悩みをじっくり聞いて、その人に最も良い方法を見つけることができ
日です。

相談者の悩みをじっくり聞いて相談者自身の心が軽くなって、
問題に積極的に取り組むことができるようになるのが理想的です。

現在自殺者が増えるほど精神的に滅入っている人が多い日本では、
心理カウンセラーの需要が急増しています。

病院に行くほどではないが、精神的に病んでいるではないかという人が
相談を頼りにしています。

そして、心理カウンセリングは、活躍の場が非常に広がる傾向があります。

学生をサポートしている学校カウンセラーの需要もあり、
労働者の精神的な面をサポートする産業カウンセラーの需要もあります。

したがって、教師の資格を取得しておけば就職や転職対象は
困らないでしょう。

 

○学生とは

学校教育法で)学生の言葉は、厳密に言えば、
大学・短期大学・大学院・高等専門学校などの高等教育で一定の課程に在学している人を指す用語であるが
通俗使用に大学はじめとする高等学校以下のその他の学校種に在学中の幼児、児童、生徒まで、すべてを指すために使用されている場合も多い。
また、学校教育法に規定はありませんが初等教育を受けている人を学童生徒と呼ぶこともある。

したがって、①〜③のいずれも在籍しているので、すべての学生です。

1で特に大学生・短大生・高等専門学校の学生の数。(幼稚園園児、小学生は子供、中古の学生と区別される